うっとりするほど美しい!気品溢れるナガタニのシュリンクレザー。ショールームに行ってきました

子供の学校行事、ランチ会、音楽会…などの時に使える上品なエレガントなバッグが欲しい!

既にブランド物のバッグはあるけれど、私が求めるものは本当に上質で普遍的な一生物のバッグ。

「ナガタニ」はディノスのカタログに毎シーズン掲載されていて、上品で端正、一流ブランドにもひけを取らない佇まいと品質の高さにすっかり心惹かれたバッグでした。

今回その恋い焦がれたナガタニのショールームに伺って、上質なバッグの数々を実際に手に取って拝見させていただいたのでレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

「ナガタニ」ショールームに行くと一目で魅了されます

「ナガタニ」の東京ショールームは、都営新宿線馬喰横山駅4分、都営浅草線東日本橋駅2分、JR総武線浅草橋駅6分の所にあります。

大通りから一歩入った所で、大きな看板はなくショールームも2階なのでちょっとわかりづらいかもしれませんが、ビルの入り口のところにナガタニのスタッフの方が立っていてくださったのですぐわかりました。

早速2階のショールームへ

ショールームはそんなに広くはなく、壁面ディスプレイ棚に商品が並べられているだけのシンプルなお部屋でしたが、ドアを開けて入った途端私の目の前に飛び込んできた憧れのバッグたちに“うわ〜素敵〜”と思わず♪

予約時に購入検討している商品を伝えておくと、当日はその商品中心に並べられていて詳しく説明もしてくださいます。

面倒でも実際手に取って見ると内側の生地の材質や色も確認できますし、大きさや使い勝手もイメージしやすいので、私は実物を拝見できてよかったなぁと思いましたよ。

結論から言いますと、ナガタニのバックは公式ページで見る以上にとてもクオリティが高く、細部まで職人技を感じる上質エレガントな商品でした。

特に私が重要視する裏地が、スエード皮でその色もバックの革の色にマッチしたハイセンスな色使いで作られていることに感激!(布張り、1枚革の商品もあります)

私はもう只々うっとりしっぱなしで、すっかり魅了されてしまいました。

「NAGATANI」と言えばシュリンクレザー

「ナガタニ」は正式なロゴは「NAGATANI」の英語表記なっています。

「NAGATANI」は大阪に本社を構える日本のバッグの老舗メーカーです。

国内においてハンドバックのOEM生産(受託製造)を通して技術と知識を磨き、そのクオリティの高さが認められ今では皇室や米国ファーストレディー向けの商品を手掛けるなど、海外での人気も高まっている会社。

革の色や金具の色を選んで裁断・縫製に至るまでの工程を熟練の職人が1点1点仕立てる『カラーセレクトオーダー』の他、国内外の高品質レザーから作られる『既製品のライン』があります。

NAGATANIと言えばシュリンクレザーと言われるように、その知名度は年々高くなってきてシュリンクレザーバッグで検索かけると必ず上位にヒットするほど。

ではシュリンクレザーってどんな革?

シュリンクレザーって?

 

シュリンクレザーは上の写真のように表面にシボ感を出した革のこと。

牛の皮をなめす工程の中で、熱や薬品を用いて皮の銀面を収縮させて作ります。

程よい厚みとしなやかで柔らかい風合いが魅力のレザーなのです。

天然の牛革を使用した素材の中では、型崩れしにくく傷がつきにくいので長い間綺麗に使えるのも特徴の一つです。

NAGATANIのシュリンクレザーは世界のトップメゾンも愛用するドイツ『WEINHEIMER/ヴェインハイマー社』

製のキップシュリンクレザー・ESPOIR(仔牛(Calf Skin))を使用。

ESPOILは最高級品として名高く、世界の有名ブランドでも使われているほどなのです。

セレクトオーダーの愛用者が多いナガタニですが、今回私が検討してるバッグは既製品の「クレマチス」「ステファニー」「メーガン」「ナタリー」だったので、ここからはその商品を見ていきますね。

可憐なのに華やか。シボ感の美しさが際立つ「クレマチス」

クレマチスは今回ピックアップした中で一番の購入候補のバッグでした。

一番気に入った点は内側のピッグスエードのブラウンとブルーの色使い。そして細部まで美しい縫製に見る技術の高さは実際手にとってみてわかりました。

 

内側に滑らかなタッチのピッグスエードが採用されておりコンパクトながら下まで大きく開くファスナーのおかげで、長財布・コスメポーチ・手帳・スマホなどの必須アイテムがきちんと収納できる作りとなっています。

バッグの内側の革の色はそれぞれ違うんですが、同系色ってことでもなく写真のブルーのバッグのようにブラウンだったり薄いピンクだったりでとにかく素敵なんですよ。

このバッグの内側のクオリティーの高さ伝わります?

実際この目でみると惚れ惚れしてしまいますよ♡

メインスペースにはサイドにファスナーポケット×1、オープンポケット×1

サイドのあおりポケットは出し入れの頻回なICカードや小物、小さめの折り畳み傘の収納にとっても便利。

マグネットホック付きなのも安心です。

ストラップがついているので、ハンドバック、肩掛け、クロスボディの3Wayの使い方ができる点もいいですよね。

「NAGATANI」のブランドロゴは内側にしっかりついていますよ。

NAGATANIのアイコン的デザインのステッチがより一層クオリティを高めていてステキ!

もう、ため息出ちゃいます。

カラーラインナップ
ベージュ・シアン

シンプルでいてエレガント。ラグジュアリー感溢れる「ステファニー」

STEPHANIEも最高品質のドイツ ヴェインハイマー社の希少なキップシュリンクレザーESPOIRを使用。

ファスナーは中央から左右に開くようになっています。

Wファスナーで開口部が大きく開くステファニーのバッグは収納力抜群!

内側は優しいグレー色の滑らかなピッグスエードが採用されており柔らかな手触りにうっとりです。

内側のポケットは、ファスナーポケット×1、反対側にオープンポケット×2ヶ所

カジュアルにも使えるやや長めのハンドルは肩掛けもOK。耐久性も考え抜かれた構造になっています。

写真には納めませんでしたが、側面には4点底鋲もついていて汚れにくい設計にもなっているんです。

ステファニーならブラックをチョイスしてお出かけ全般に出番が多そう。

鮮やかで美しいシアンはこれからの季節ブラックやグレーのコートの差し色にステキだと思わない?

カラーラインナップ

ブラック・ベージュ・スカイブルー

シンプル上質。デイリーに大活躍の「メーガン」

上部でパタリとたたんで開閉するメーガンは、税込28,519円(税込)という価格も魅力で気になっていた商品

メーガンに使われている外側のレザーは、ドイツのヴァインハイマー社ではなく国産のシュリンクレザー(牛革)。そのため価格もお手頃設定になっております。

内側はコットンの布張り仕上げでオープンポケット×1、ファスナーポケット×1

このようにガバッと開くので物の出し入れがしやすく、長財布はもちろん手帳、折り畳み傘、文庫本、コスメポーチまで余裕で入る大きさです。

この使い勝手は毎日の通勤やストラップをつけて休日の散策、美術館巡り、などにも活躍してくれそうですね。

サイドから見るとほら、上部が重なっています。中央にマグネットが一つついているので万が一バッグが倒れることがあっても中の物が出ることはありません。

背胴の小さなオープンポケットは定期券やICカードを収納するのにぴったりです。

*こちらも底鋲が4個ついていて汚れにくい設計になっています。

カラーラインナップ
ブラック・イエロー・サックスブルー・ブルーグレイ・ボルドー

小ぶりで愛らしいシルエット。端正と上質を兼ね備えた「ナタリー」

 

太めの持ち手が特徴的なナタリーもまた、国産シュリンクレザーを使った29,700円(税込)という価格が魅力のバッグです。

ソフトで肉厚な上質の国産シュリンク革を使っているので、しっとりとした質感で使うほどに馴染んでいく感じです。

内側はコットンの布張り。ファスナーポケット×1、オープンポケット×2

 

ナタリーはマチが15cmとひろめのデザインなので収納力抜群!

必要なものがしっかり入るのは嬉しいですね。

 

ストラップを外すととっても端正かつ上品な佇まいなので、レストランでのお食事、音楽会、子供の学校行事にとお出かけにもぴったりで、幅広く大活躍してくれそうです。

カラーラインナップ
スパイスレッド・ボルドー・インクネイビー

際立つエレガントとさと機能性。人気NO.1を誇る「エミー」

エミーはブガッティ型のちょうど良い大きさのこの上なくエレガントなバッグです

このブガッティ型こそ普遍的なデザインのバックで、もはや名品と呼ぶべきお品。エルメスを始め他ブランドでも販売されていますね。

ほら、見て!エルメスにもひけをとらないほどの美しい仕上がりでしょ。

エミーはB5サイズのタブレットや長財布はもちろん500mlのペットボトルも立てて収納できる大きさ。

外側のレザーはドイツ ヴェインハイマー社製のシボの美しいキップシュリンクレザーESPOIRをふんだんに使用した高級感あふれる佇まいです。

内側の素材はレーヨンの布張り仕上げ。

ファスナーポケット×1、オープンポケット×2でたっぷりの収納力が魅力なバッグです。

1本ずつ丁寧に手縫いで作られたハンドルはヌメ革を使用。しっかり腕にかけたり握りやすい設計になっています。

高級シュリンクレザーのしなやかな風合いがどこまでもエレガントで美しく、私はこのエミーを知ってNAGATANIのファンになったほど、一度手にするとその魅力の虜になりますよ。

また、付属のショルダーベルトが計算し尽くされていて、エミーのエレガントさを際立たせるやや細めの幅なのです。

NAGATANIの不動の人気モデルでエミーよりも一回り大きい「エマ」もありますが、個人的にはエミーが使いやすくて好きですね。

エミーなら学校説明会や保護者会などで配られる資料などもしっかり入るのでサブバッグ不要です。

カラーラインナップ
ブラック・オーク・ベージュ・ネイビー

NAGATANIバックご愛用者レヴュー

「素敵なバッグ、どこのブランド?」とよく聞かれます

公式サイトお客様の声より

お財布を買ったのですが、手に馴染む品質の良さもデザインも気に入ってます。次はどう素材のバッグが欲しいです

公式サイトお客様の声より

貴社のバッグは職人さんの愛情と高度な技術が感じられて大好きです。それにとても丈夫です。 高級ブランドのバッグを高いお金出して買っても、途中ハンドル部分が切れてしまったり、角のあたりがスレてしまったり残念に思うことがあります。でも貴社のバッグはそうした体験をしたことがありません。長く大切に使いたいと思います。

公式サイトお客様の声より

只今、オーダーしたバッグが届きました。シュリンク革のシボの細かさに感動しています。3年ほど前から気になっていたので手にできてハッピーです

公式さいトお客様の声より

デザインが素晴らしく、品質が大変良い

まとめ

世界最高品質の素材を使用し、熟練の職人によって作り上げられる上質な「NAGATANI」のハンドバッグ。

今回は既製品をご紹介しましたが、写真奥にありますオーダーメイドのバッグたちはデザインも素材もさらにハイクオリティーです。

写真だけでは実際の色がわかりづらく不安という方には、シュリンクレザーESPOIRの色見本を無料で送っていただけますよ。(色見本のご用意のないシリーズ、カラーもあります)

また、大容量なのに膨らまないNAGATANIのお財布「SAHO」は人気商品で、丁寧に施された革紐のステッチのデザインが素敵です!

こちらは自分使いはもちろんプレゼントにも♡

「SAHO」は次回ご紹介しますね。

もう、紹介し切れないぐらい魅力溢れる高品質なNAGATANIのバッグは、本当に一生物のバッグと言うにふさわしい名品ばかり。

可能ならば是非、ショールームに足を運んで魅力溢れるNAGATANIバッグを直接手にとってみることオススメします。

ショールームはこちら

NAGATANI 東京ショールーム
東京都中央区東日本橋中央区東日本橋2-14-11
*営業日:月曜〜金曜(祝日はお休み)
営業時間:AM10:00~PM5:00
最寄駅:都営浅草線東日本橋駅徒歩2分、JR総武線浅草橋駅徒歩6分

公式サイトはこちらから>>> NAGATANI/大人の女性のためのシンプル・エレガンスバッ

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事